20代で産後の尿漏れが5年

産後4年尿漏れが続いています。
第1子、第2子ともに切迫早産で自宅安静期間が4か月あった20代のママのお話です。

 

第1子は24歳、第2子は26歳。
「第1子、第2子ともに尿漏れが2年続き、妊娠期間をいれれば通算5年目です。成長してきた子どもと遊んでいるちょっとした瞬間にぴよっ!と出てしまいます。先生、私はどうしたらいいでしょうか。20代の半分を尿漏れを気にしながら生きています。これ、やばいですよね?」

 

不安を抱えたママが尿漏れ改善と産後ダイエットを希望して私のところに相談しに来てくれました。

 

尿漏れ改善ポイント

尿漏れ改善には5つのポイントがあります。

  1. 骨盤底筋のゆるみ
  2. 内転筋の弱化
  3. 腹横筋のゆるみ
  4. 食事
  5. 睡眠

 

こちらのママは、妊娠中に安静期間が長かった為、全身の筋力が低下していました。

ネットを見ながらエクササイズを行っていたわけですが、やり方がまちがっていましたし、関連する内転筋や腹横筋へのアプローチがなかったこと、筋力を回復させる食事をしていなかったことが長らく続く尿漏れの原因と思われました。

そこで、食事アドバイスと、膣と尿道を締める骨盤底筋エクササイズ、内転筋強化のためのワイドスクワット、腹横筋を強化する呼吸法を指導するとたった4回の指導で改善してしまいました。

「先生!尿漏れが改善しています!今までだったらぴよっ!と出ていたシーンで漏れませでした。子どもと縄跳びも気にせずできました。縄跳びをしていて、こんなに感動に思ったことはありません!」

この若いママは、床から立ち上がろうとした時、泣いて暴れる2歳児を抱き上げようとした時、ぴよっ!と漏れてしまい、パンツに500円玉2枚くらいのシミを作っていたそうです。

おりものシートでは対応できるギリギリの量です。いままで5年間悩んでいたそれが1か月弱で改善したのです。

嬉しいことに、この後すぐに第3子を妊娠されました。

すると、今まで4か月切迫安静していた期間があったのに1か月で済んだそうです。

指導したエクササイズを妊娠中も無理なく続けた結果、産後の尿漏れもなかったというのです。

骨盤底筋、内転筋、腹横筋の強化は尿漏れ改善だけでなく、次の妊娠、出産の助けになりますね。

産後の骨盤底ケアはとても大切です。ぜひ、ネット情報だけでなく、専門家のもとで産後の骨盤底筋エクササイズをしっかり行うことをお勧めいたします。

 

こちらの記事はトレーナーの雅美さんにご提供いただきました

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。