コレクティブインパクト

2021年1月15日に創業しました弊社は本日2月15日をもちまして創業1ヶ月を無事に迎えることができました。
はい、まだ1ヶ月ですが、右も左も分からない状態での創業。
創業以前より、そして創業後もたくさんのご支援を賜り感謝申し上げます。

わたしたちの想いは、誰もが産前産後ケアを当たり前に受けられる社会を実現することです。

とても壮大な夢のように感じるかもしれませんし、とても大きな山に感じるかもしれません。
我々弊社の代表である山崎・後藤の両名は産前産後医療の臨床で働いております。

医療で出来ること、そしてできないこと。
民間の力が必要な支援の在り方。
行政の力が必要な支援の在り方。
様々実際に感じております。

また、様々な産前産後ケア専門家と交流する中で、全国各地にたくさんの熱い思いを持った専門家の皆さまがいらっしゃることも知っています。

ケアを必要としている人がいる
そしてケアを届けたいと思っている人がいる

この両名をつなぐ仕組みが我々Rubansが提供するサービスです。

Rubansは様々なプレイヤーが共同して社会課題解決に取り組むためのひとつのスキームであり、協同の効果を最大化するための枠組み・仕組みであります。
産前産後ケア専門家や、サポートをしたい人、ママ達を応援したい人は全国各地に存在します。
そのような方々が社会課題解決に個別に取り組むのではなく、Collective(集合的)に活動し産前産後ケアが誰でも当たり前に受けられる社会を目指す

壮大な夢物語のように感じるかもしれませんが、それがRubansでありまたそうありたいと思っております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。