産後はやっぱりゆるんでる!骨盤底筋を鍛え スリムな足を目指すヨガのポーズとは

赤ちゃんはとてもかわいいのですがせまりくるお世話は待ったなし!
ママみんな、お疲れさまです!

私は今は子供たちも成長して、5歳と11歳。
お世話はずいぶん楽になりましたが体のケアを日頃からしていないと、すぐ

骨盤底筋ゆるんできます
おなかもぽっこりしちゃうし
足も疲れやすくなり…

 

産後はこどものお世話と家事でせいいっぱいになりがち。
産後すぐでなくても女性のカラダはストレスに敏感です。

コロナのストレスもある時期。
不調がでていませんか??

そんなときこそ自分のケアをする時間をもつと気持ちもカラダも楽になって、赤ちゃんにも夫にもまわりにも、そして、自分にもやさしくなれます

ヨガがいいのはカラダだけでなく 自律神経、心も整えること。
たった5分でもいいんですやってみてくださいね。

今回は、骨盤底筋鍛え・下半身強化が期待できるヨガのポーズからひとつご紹介します。

 

わしのポーズ

わしのポーズには、骨盤を締めることが期待できるといわれています。
産後は特に、赤ちゃんの出産で骨盤が開いた状態に・・・

また、デスクワークなどで座っている時間が長くなると、うまく閉まらなくなることがあります。
骨盤が開きっぱなしの状態になると血流が悪くなり、むくみや下半身太りの原因になってしまいます。

骨盤を閉じて下半身をスリムを目指しましょう

 

 

ポーズの手順

  1. 肩幅に足を開いて立ちます
  2. ひざを少し曲げて、左の太ももを右の太ももの上に重ねます
  3. 両腕を前方に伸ばし床と平行にし、右腕を左腕の上に乗せるようなイメージで腕をクロスします
  4. 腕をクロスしたままひじを90度に曲げ、右手の甲と左手の甲を合わせます
  5. 余裕があれば、手のひらを合わせます
  6. このまま15〜30秒間キープ。深い呼吸を意識して。
  7. 左右を入れ替えて1〜6を行う

特に産後は骨盤の開き、骨盤の傾きなどもありバランスがとりにくいです。左右差も感じるかもしれません。
片足立ちで不安定になりがちなのでまずはポーズに慣れ重心を意識してバランスをとっていきましょう。

また、足を絡めるときにお尻が前に突き出しやすくなりがちです。
お尻が前に出ると、バランスがとりづらくなってしまいます。

足のつけ根をぐっと後ろに引くように意識しましょう。
骨盤やおへそを正面向けるようにするとバランスがとりやすくなります。

お腹にぐっと力をこめておしりもきゅっと引き締めて!

ナイスキープ♪

よくできました!

骨盤の向きをそろえてもそれをささえる筋力がなければキープできません

筋力アップには続けることが大切です。

ぜひつづけて体の不調を整えたり、メンタルの安定にもお役立てくださいね。

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。