中絶をした女性のココロー悩みとケアー

日本では、平成30年において、約16万件の人工妊娠中絶が報告されていて、女性の6.4%が中絶を経験しています(厚生労働省 平成30年度衛生行政報告例)。

日本家族計画協会(『男女の生活と意識に関する調査』2002~2016)によると、中絶をする理由として、一番多いものは経済的な理由

次いで、相手と結婚していない、相手が出産に同意をしなかった、自分の学業や仕事を中断したくない、などの理由があります。

それでは、中絶をした後、女性はどのような心理状態になるのでしょうか。

ほっとしたという、人生に必要な選択をした、赤ちゃんに申し訳ないことをした、自分の生命観からしてひどいことをしてしまった、パートナーに対する怒りなど、複雑な思いを抱きます。

私は、中絶をした後に精神的につらくなった方への、カウンセリングをしています。
以下、その経験から、中絶後のココロの悩みと、ケアについて紹介します。

 

頭と心の差:私が決めたことだけど…

カウンセリングに来た方は、「自分で納得して決めたことだけど、中絶をした後、毎日辛くて泣いています」と、お話されます。
望まない妊娠であっても、「自分のお腹に、赤ちゃんがいる」と認識した時点で、赤ちゃんとの心理的な関係は始まっており、妊娠した喜びを感じ、なんとか産めないか考えたと言う方は多いです。
しかし、産み育てるのが困難な様々な事情があり、時間の制約もある中で、中絶をした方がよい、と判断された。
中絶後しばらくして、悲しさや罪悪感、赤ちゃんへの思慕などが、出てきてきます。
頭では「自分で決めたこと、納得しているはず」と思うだけに、涙が止まらず感情的に混乱して、つまり『頭と心の差』があること自体に、「私はおかしくなったのだろうか」と戸惑いを感じます。

 

矛盾があって当然。どんな気持ちも感じていい

このような戸惑いを感じている方に、私は、「必要なことだったと思う、でも、悲しいし、つらいという気持ちが同居するのは、何もおかしくありません。それは苦しい状態だけど、心がつらいと感じるのは、あなたの心が生きているのだと思います。」とお伝えします。
まずは、他者に正常であると言ってもらうと、安心することができます。
そして、『妊娠し、中絶した』という体験の中で、感じたどんな気持ちも、否定せずに、ジャッジせずに、言葉にしてみてほしいと思います。

そのプロセスが、心の回復に役立つことだと考えます。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。