骨盤ベルトってしないとダメ??

妊娠中や産後の方から、「骨盤ベルトってした方が良いですか?」というご質問をよく承ります。

「妊娠中は骨盤が緩むからしっかり締めないと腰痛などのトラブルが起きるらしい!」
「産後は骨盤がグラグラで、ベルトをしておかないと骨盤が歪んでしまうと言われたのですが・・・」 など、
心配されているお声を伺うことも。

今回は、そんな“骨盤ベルトの必要性”について、お話させていただきます。

 

そもそも、骨盤ベルトって何?

骨盤の周りには多くの靭帯や筋肉がついており、本来であればその靭帯や筋肉たちが骨盤にある関節を安定させておく役割があります。
しかし、妊娠中~産後はホルモンの影響で関節やその周りの靭帯・筋肉が緩みやすくなり、それが原因で疼痛などのトラブルが出現することがあります。

それを、“外から固定し骨盤を安定させるための補助具”が骨盤ベルトです。

 

骨盤ベルトのメリット

 骨盤ベルト使用についての研究や調査などを見てみると、現時点で立証されているメリットは、 痛みの緩和 ・骨盤不安定性(骨盤がグラグラした感じ)の軽減この2点です。
冒頭に述べた「妊娠中はしっかり骨盤を締めないとトラブルが起きる」や、「産後にベルトをしておかないと骨盤が歪んでしまう」などは今の所科学的根拠が乏しいのです。

 

骨盤ベルトのデメリット

・長期使用による骨盤周囲の筋肉の筋力低下
・締め付けによる血流障害
・誤った使用による痛みの悪化

 

結局、私には骨盤ベルトって必要?不要?

骨盤ベルトは症状によって有効な場合とそうでない場合があるため、まずは専門家に体の状態を診てもらう!というのが理想的ですが、誰に相談すればよいかわからない場合は、以下の2点をチェックしてみてください。
①骨盤周囲の痛み・不安定感があるか
⇒なければ、無理につける必要はありません。
あれば、②へ進みます。
②長めのタオルなどで骨盤ベルトを巻くように骨盤を固定してみて(すでに骨盤ベルトが手元にある場合は、装着してみて)、症状が和らぐかを確認
⇒和らぐなら、使用可。
⇒症状に変化がない、または悪化する場合は使用を見送り。

 

骨盤ベルトについての考え方は賛否両論あり、ご出産される産院や施設によっても指導方法はさまざまなのが現状です

しかし、最も重要なことは「骨盤ベルトがからだにいい影響をもたらしているかどうか」ということです。
是非、「ご自身のからだが快適になる選択」ができますように♪

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。