1. HOME
  2. ブログ
  3. 飲む量足りてますか?

飲む量足りてますか?

女性の身体ケア専門家・理学療法士の徳弘郁絵です。ブログ訪問ありがとうございます!!

オミクロン株という変異株もいよいよ日本に入ってきたようで・・・。まだまだマスクをする日常が続きそうです。

マスクをするこで、口の周りが湿った感じになりませんか?!口の渇きが感じにくい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

水分補給は「喉が渇いてから飲むのではなく、時間を決めて小まめに」が基本です。

これから寒い時期に突入し、暖房をつけ部屋全体が乾燥してくる時期でもあります。既に取り入れられている方もいらっしゃると思いますが、温湿度計を設けておくこと、加湿を心掛けるのもウィルス対策の一つになります。そして体内に水分を適量取り入れる事も忘れてはいけません。

<ヒトの身体から出ていく水分量>

尿や便:合わせて1500ml程度

汗:かいていると感じなくても100ml程度の発汗量があります(運動などで汗をかけば上乗せ)

不感蒸泄:皮膚や呼吸の呼気から排出される意識していない排泄が成人では15ml/kg/日、体重60kgでは1日に900mlが不感蒸泄として失われます。

これらを合計してみると・・・2500ml程度の水分が出ていく事になります。

身体の中に取り込まれた水分量と出ていく水分量のバランスが崩れた時・・・

入る量 < 出ていく量 こうなると脱水が生じる事になります。

WHOが推奨しているのは”毎日コップ8杯以上の水分を摂取しなさい”です。

コップ1杯の量は、約240mlだそうで8杯×240ml=1920mlと2L近い量を推奨されていることがお分かりいただけるかと思います。出ていく量とのバランスが重要になりますし、食事でお味噌汁・スープなどから一定量の水分を取る事にもなります。今一度ご自身が飲まれている量を意識してみて下さい。水分摂取するならば、お水・白湯やカフェイン含有量の少ない麦茶やルイボスティーなどはいかがでしょうか。

 

参考文献:はじめてとりくむ 水・電解質の管理 基礎編 医歯薬出版株式会社

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事