1. HOME
  2. ブログ
  3. 高齢者だけの話じゃないよ「骨粗鬆症」

高齢者だけの話じゃないよ「骨粗鬆症」

女性の身体ケア専門家の徳弘郁絵です。ブログ訪問ありがとうございます。

日本人の推計で1,280万人これは何を示すでしょうか?

骨粗鬆症の有病率です。※平成17年国勢調査人口にて推定

このうち、8割が女性で60歳代女性の3人に1人、70歳代女性の2人に1人と考えられています。まだその年齢ではないという方でも、いずれ近づいてくるものですよね。女性の場合は閉経に伴い、ホルモンバランスの影響から骨密度が低下するのが一般的です。骨量のピークは20~30歳代といわれますが、思春期に過剰なダイエットをしていたり、カルシウム摂取不足などから、骨の形成にも大きく影響してきます。

原因と対策

閉経による女性ホルモンの減少で骨粗鬆症になりやすいとイメージする人が多くないでしょうか?!案外と知られていない(?)ビタミンD不足が骨粗鬆症の原因の一つと言われています。加齢に伴い腎機能が衰え、ビタミンDの生産が低下すると、腸管からのカルシウム吸収が不足して骨密度が低下することがあります。食事以外の面でビタミンDについて今すぐにできる対策は「日光浴」です。日焼け止めクリームをぬらず手袋などをつけずに日光に浴びる事です。肘から手までを出しましょう。膝から足まで出して、15分ほど日光浴してみてください。地域により推奨される日光照射時間は異なるため地球環境研究センターのホームページより地域を選んで確認してみてください。https://db.cger.nies.go.jp/dataset/uv_vitaminD/ja/ また、ビタミンK特に多く含まれている納豆の摂取が多いほど骨密度が高いといった報告もあるようです。1日1パックいかがでしょうか。喫煙による影響も知られていますので受動喫煙を含めた対策も検討してみてはどうでしょうか。

  

骨粗鬆症は骨密度の検査で発見されますが、検診で行わなければ気づかれないままです。また、骨折してレントゲン検査から詳しい検査を行っていく事で判明することも多いのが現状です。骨粗鬆症は「沈黙の疾患」と言われ進行に気づかず転倒して転んで手をついた際に手関節を骨折する、尻もちをついて腰の骨を折る、足の骨を折るという方も少なくありません!!

 🙂 今から骨を意識して過ごしていきませんか? 🙂 

骨折は日常生活に大きく影響を与えます。骨が脆くなり骨折が起こると、骨折が繰り返されることがわかっています。また、75歳以上で大腿骨頸部骨折を生じた方は、非骨折者に比べて生存率が低いという日本のデータも出ています。2013年の厚生労働省の調査でも介護が必要になった原因疾患として、運動器(骨折など)の障害が脳血管疾患を上回っています。

骨粗鬆症に伴う骨折の発症や転倒の予防に必要なことは、全身の筋肉量を増加または維持させること。ふらつきが生じにくい、ふらついても直ぐ身体が反応できるバランス能力をつけることがポイントになってきますね。骨への刺激という面からジャンプ運動も忘れてはならない要素です。

1日8000歩のウォーキングが閉経後の骨量減少・骨粗鬆症女性において骨密度増加の可能性があるという報告や背筋強化訓練も重要です。骨の健康・維持のためには、ライフステージに応じて適切な運動を選択していく必要があると思います。

高齢者だけじゃない!妊産婦の女性にも潜んでいる骨粗鬆症

まだまだ知られていない部分でありますが、骨粗鬆症は高齢者だけの話ではありません!!「妊娠授乳関連骨粗鬆症」というものがあります。産後に子どものお世話で腰が痛いなと思っていたが、まさか骨折しているなんて思ってもいないであったり、整形外科受診しても腰痛と診断を受ける方が多いようです。整形外科医の領域でも認知率は低いとのことです。1か所目では診断されず何か所が病院を回って骨折が発見される、レントゲンでは映らずMRI検査で発見されるという状況のようで、この分野を専門に研究している方々や当事者さんが啓発活動としてHPを立ち上げられています。参考に見てみてくださいね。https://plo-patient-association.jimdofree.com/

こちらを監修している産婦人科医師のお話を聞く機会がありました。ママは青空の下で授乳してみるなど赤ちゃんと外へ出かける機会が作れたら試してみてはいかがでしょうか。あいにく、私の子どもは大きく授乳できないので💦💦運転の時に日光☀にあてることを心掛けていますよ。ベビーカーでお散歩に出かけてみるのもいかがでしょうか。


参考文献:

Nutrition Care 栄養×運動で筋肉と骨を鍛える。 2018.Vol11.8月号

骨粗鬆症の疫学 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版

日本骨粗しょう症学会雑誌  骨粗鬆症の運動療法 Vol.5.No4.2019

日本骨粗しょう症学会雑誌 妊娠後骨粗鬆症 Vol.7.No3.2021

日本ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法研究会セミナー資料

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事