相談事例
相談利用ガイド

 

妊娠前お悩み

  • 妊活中や不妊治療、不育症など、妊娠前の疑問お悩みにお答えします。

不妊は”少数の人の珍しい問題”ではありません。
日本で何らかの不妊治療・検査を受けたことがあるカップルは5.5組に1組といわれ、不妊に悩んだことがあるカップルは3組に1組と言われています。
生殖補助医療により誕生した赤ちゃんは、2018年には年間56,979人を数え、その年の出生児の約16.1人に1人にまで達しています。
不妊は不妊治療とともに、内容が正しく知られていない実情があり、当事者は周囲に相談できず全ての問題を一人で抱え込まざるを得ないため孤独に陥りがちです。
妊活、不妊、不育症などあなた一人で抱え込まず専門家を頼ってください。

相談例 1

赤ちゃんが欲しい

子作りを開始して10ヶ月が経過してますがいまだに妊娠できません(>_<)
子供が早く欲しくて、毎回生理が来るたび落ち込んでしまうし、期待しすぎも良くないと聞いたので気楽に構えているつもりなんですが、落ち込む日々の繰り返しです。
基礎体温もつけてはいますが一度勇気を出して病院に行ったほうが良いでしょうか?

サポーターからの回答

赤ちゃんが欲しいと願いながらも、生理が来たら落ち込みますよね。回りの妊婦さんを見たら辛くなることもあるのではないでしょうか?!
基礎体温計測をされていること素晴らしいと思います。妊娠しやすい身体作りに気をつけてみませんか?!ストレスを避け、質の良い睡眠と食事、適度な運動をすることで、血液循環を促し心身共に健康である日々を送ってみましょう。
また、1年以上授かることが難しい方の場合、世界保健機関の調査では、女性のみが原因41%、男性のみが原因24%、男女とも原因24%、原因不明が11%と言われています。
今、10か月頑張っておられるとのことなので、様子を見つつパートナーと相談しながら、一緒に行かれてみてはいかがでしょうか?ぜひ、お一人で辛いお気持ちを抱え込まず、パートナーや友人、そして身近な人たちに相談することが難しい場合はお気持ち聞かせてくださいね。

相談例 2

二人目不妊

2歳2ヶ月の女の子がいます。そろそろ二人目が欲しいのですがなかなか授かりません。長女はまだ授乳中ですが、授乳は二人目妊娠や卵子の質に関係ありますか?

相談例 3

夫と意見が分かれています

現在1歳4ヶ月の子供がいます。そろそろ二人目が欲しいのですが、夫は欲しくないと言っています。理由は、一人目の子育てが大変だから…です。でも子育てもほぼワンオペでやっています。夫は契約社員ですが給料はそこまで悪くないです。教育費など金銭的な負担も不安になっているのかもしれませんが…。一人目を妊娠してから、完全にレスになっていて、かれこれ2年以上はご無沙汰です。産後半年からそれとなく誘っているのですが、今はいい、疲れてると毎回断られもう魅力がないのか、母になってしまったのかと落ち込んでいます。もう、2人目も妻も諦めた方がいいのでしょうか?

オンライン相談ご利用方法

オンライン相談ご利用ガイド

  1. 相談したいサポーターをお選びください
  2. サポーターページにある”オンライン相談”をタップしてください
  3. ご予約ページよりお申し込みください

ご予約前にオンライン相談ご利用ガイドを必ずご確認の上ご予約くださいませ

サポーターを選ぶ